« フィルモアのマディ1966 | トップページ | ライヴ盤の少ないパット・マシーニーだけど »

2019/05/27

手拍子で幕開け、岩佐美咲の「初酒」「鯖街道」

Img_8450https://www.youtube.com/watch?v=OpNbRH1wyaE

https://www.youtube.com/watch?v=K7s0f58PHNo

 

2017年春にはじめて岩佐美咲を知ったころはまだ CD でしか聴いていなかったし、その後も2018年2月にコンサートを初体験したとはいえ歌唱イヴェントのことは知らなかった。昨2018年11月以来どんどん美咲の歌唱イヴェントに出かけるようになって以後(だってすんごく楽しく癒しになると知ったから)彼女の持ち歌のなかでも特に「初酒」と「鯖街道」が大の好みになってきている。

 

以前からしたら考えられない嗜好なんだけど、美咲の歌唱イヴェントをどんどん体験なさっているかたならばある程度わかっていただけるんじゃないだろうか。そう、一回四曲のイヴェントのオープニングにこの二曲はピッタリなのだ。実際そうなっているのを現地でなんども体験し痛感している。威勢がいい、元気がいい曲調だもんね。

 

特にリズムがそう。ノリのいいズンドコ調でずんずん歩いていくような、そんな元気よさがあるよね。あんなにズンドコ調きらいだった人間の発言とは思えないが、ぼくも変わりました。変えてくれたのが美咲の歌と笑顔とあの姿と、この二曲だってこと。美咲の歌唱イヴェントがどんなに楽しいか、どれほどの癒しか、まあ体験しておられないかたに納得していただけるように説明するのはなかなかむずかしいと思う。

 

東京や大阪や岡山や四国など各地で体験した美咲の歌唱イヴェント。MC 担当のかた(たぶん徳間ジャパンのかただと思う)が、それじゃあお願いします、岩佐美咲!と言ってカラオケのイントロが流れ、あの着物姿の美咲が脇から、あるいは後方(ばあいによっては前方)から、にこやかにほほえみながら登場し、その瞬間、「初酒」や「鯖街道」のリズムだと心がウキウキする。

 

ぼくらは客席から「わっさみ〜ん!」コールの大合唱。「初酒」や「鯖街道」のばあい、美咲は左手に持ったハンド・マイクを右手で叩き、曲にあわせての手拍子をうながす。それでぼくらもリズムに乗っての手拍子をはじめるんだよね。イントロが終わって美咲が歌いはじめたらすっかりいい気分。手拍子しながら美咲の歌を聴き、味わって、それがほんと〜に楽しいんだ。

 

こんなこと諸々、美咲の歌唱イヴェントにどんどんでかけていくようになるまでちっともわかっていなかった。一回四曲のイヴェントの幕開けに「初酒」か「鯖街道」が来たら、もうそれだけでノリがよくってうれしくて楽しい気分なんだよねえ。もちろん、美咲の歌がリズミカルでノリがいいっていうことなんだけど、どうやら小規模な歌唱イヴェント独特の感情みたいだ。

 

そんなわけだから、今後もまた可能な範囲で美咲の歌唱イヴェントを体験すべく全国に…、はムリだから西日本エリア中心に、でかけていきますよ〜!待っててね、わさみん!当面は6/8、9の大阪と6/30の広島ですね!

« フィルモアのマディ1966 | トップページ | ライヴ盤の少ないパット・マシーニーだけど »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィルモアのマディ1966 | トップページ | ライヴ盤の少ないパット・マシーニーだけど »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ