« 多幸感あふれるジョニの『シャドウズ・アンド・ライト』 | トップページ | 真夏にはこれ、音の冷房 〜 クロンチョン・トゥグー »

2019/08/08

このブログの人気記事ランキング

Fullsizeoutput_4f3

ぼくのこのブログにスマートフォンでアクセスしたときにだけ、記事一覧の下に「このブログの人気記事ランキング」というのが表示されます。ベスト5まで出ます。いまちょうど2019年7月17日の19;45すぎですけど、どうなっているか、スクリーン・ショットを撮ってみたのが上の写真です。これはいわゆるアクセス解析じゃないので、オーナーのぼくだけでなく、どなたでもご覧になれるものですよ。

 

アクセス解析を見る習慣をやめたいまのぼくには、どんな記事にみなさんのアクセスがあるのか、ある程度ちょっとだけでもわかるきっかけが、この「このブログの人気記事ランキング」なんですね。このランキングは、毎日数度見ているとわかるんですけど、もちろんリアルタイムでのアクセス増減に応じて動く可変式表示です。どういう仕組みでこのランキングが作成・表示されているか、なにも知りませんが、だいたい24時間で一回程度、変動があるみたいなんですね。

 

こないだジョアン・ジルベルトが亡くなったばかりなので、それ関連の記事がトップに来ていますよね。だいたいそんな感じで、そのときどきの時事性のある記事や、あるいは新規更新の記事がトップ5に入ってくることが多いようです。それでもときどき、これはどうして?と疑問に思うようなランク・インもあるんですね。

 

その最たるものが、いま4位にある「失われた世界〜ジャズ・クラリネット」です。この文章は2017年2月にアップロードしたものですが、この人気記事ランキングのベスト5の外に落ちたことが、いまに至るまでありません。一度たりとも落ちていないんですよ。ずっとベスト5のなかにいつづけているんです。ランキングのほかの四つは変動するのに、このオールド・ジャズ・クラリネットの記事だけずっと五位内にとどまっているんです。

 

これはどういうわけでしょう?いったいこの「失われた世界〜ジャズ・クラリネット」にそんなにアクセスがあり続けている理由はなんでしょうか?特別なことはなにも書いていません。目新しい知見もないし、ぼくしか知りえない情報もなければ独自分析もまったくなし。だからこの記事にそんなに価値があるとは思えないです。ただたんにぼくの好きな戦前古典ジャズのクラリネット奏者を数名あげ、代表的名演の音源を貼ってあるだけです。
http://hisashitoshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-cf99.html

 

それがただの一度もランク外に落ちたことすらないというのは、う〜ん、ぼくのこのブログは戦前古典ジャズのリスナーや、それに興味があるけれどそんな世界のたとえばクラリネットってどんなもんなのかちょっと覗いてみたいなと思うかたがたなど、そういった向きに人気のブログだっていうことなんでしょうかねえ。最近はオールド・ジャズ、アーリー・ジャズのことを書く頻度が下がりましたが、そっち関係のブロガーだと思われているのかも?

 

また、ついこないだまで、2017年11月更新の「太田裕美「木綿のハンカチーフ」〜 アルバム・ヴァージョンとシングル・ヴァージョン」が上位にランク・インしていましたが、これなんか、いままでランク内に姿も影もなかったものなのに、ある日突然入ってきて、ずっと滞在していましたからねえ。これも理由がわからないです。
http://hisashitoshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-68fa.html

 

これのばあいは、その後つい先日「ウッドストック幻想の崩壊と、太田裕美『心が風邪をひいた日』」というのをアップしましたから、それに取って代わられたという様子ですね。現在、それがランク二位に入っています。つまり、この2019年7月12日更新の記事が上がるまで、上掲「木綿のハンカチーフ」記事がランク内にいたんですね。

 

また、どんなに力を込めて書いたものでも、まったくランク・インしない、ぜんぜん影も形もない、というものだって多いです。たとえばエジプト人歌手アンガームの記事を、以前、四日連続でアップロードしましたよね。どれもランク・インしなかったです。だから、このへんはやっぱりとりあげている音楽そのものが人気かどうかということも関係あるんでしょうね。アンガームなどは、エル・スールや関連界隈ではもてはやされても、世間一般ではちっとも知られていないということかもしれないです。だから、どんなに熱を込めて書いて上げても、だれか知らない名前のひとの記事だな〜、くらいにしか思われていないんでしょうねえ。う〜ん、アンガーム、すばらしい歌手なんだけどなあ。しかもいま絶頂期。歌手人生のピークにあるんですよね。その音楽もリンク先で聴けますよ。
http://hisashitoshima.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-edfda1.html
http://hisashitoshima.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-d491ab.html

 

あと一点。マイルズ・デイヴィス関係の記事は、ほぼどれも毎回必ずランク・インします。このへんも、たぶんこの戸嶋 久というブロガーはマイルズ狂なんだろう、熱心だし、なんだかえらいくわしいぞ、って思われているでしょうねえ。なんだか、みなさんの抱くそんな実感がひしひしと伝わってきますよ。でもそんなことと関係なく、ぼくはぼくで無責任にというか気軽に、マイルズのことを今後も書いていこうと思っています。

 

そんなわけで、ある程度わかる部分とよくわからない部分とが混在している、この Black Beauty の「このブログの人気記事ランキング」。やっぱり気持ちを入れて書いて上げた記事がランク上位に来るととうれしいですし、逆にこんなチンケでいい加減な文章でいいのか…と申し訳なさ半分でおそるおそる上げたものが一位にずっととどまっていたりすると恐縮至極であります。

 

書いて上げるときは、そんなこと諸々いっさい関係なくやっていますけど、結果ランキングに反映されたりされなかったりして、まあそんなこともあまり意識しないで今後もやっていきたいと思っています。意識すると失敗しますからね、ぼくのばあいは。なにも考えず、黙々と毎日続けていくのがいいんです。音楽を聴き、書く、それはぼくにとって、呼吸したり水を飲んだりするのと同じですから。

« 多幸感あふれるジョニの『シャドウズ・アンド・ライト』 | トップページ | 真夏にはこれ、音の冷房 〜 クロンチョン・トゥグー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多幸感あふれるジョニの『シャドウズ・アンド・ライト』 | トップページ | 真夏にはこれ、音の冷房 〜 クロンチョン・トゥグー »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ