« ハバナのチャネー(ガリシア出身) | トップページ | 「どんな気分だい?」なんて言わないし 〜 マイ・フェイヴァリット・ディラン »

2019/01/20

渋谷エル・スールに捧ぐ(たぶん1月27日夜)〜 ミンガス、マイルズ&モア

Fullsizeoutput_1bf1

2019年も、今月、渋谷エル・スールにお邪魔することとなりました。大好きな歌手二名のコンサートが、なんと1月26日、28日と立て続けに東京都内で開催されますので。四泊程度の東京滞在となります。エル・スール店舗に顔を出せるのがいつになるか、まだはっきりしませんが、たぶん1月27日(日曜)の夜、晩ごはんを食べてから向かおうと、いまのところは考えております。

 

 

それで、エル・スール原田(プロレスラーのリング・ネームみたい)さんとのお約束で、なにか音楽 CD-R を焼いて持参することとなり、原田さんがチャーリー・パーカー以後のジャズがいいとおっしゃるのでマイルズ・デイヴィスと、それから Twitter で原田さんとこのお話をしていたときたまたま聴いていたのでチャールズ・ミンガスの、それぞれマイ・ベスト・セレクションをつくりました。+おまけでブルーズ・ロック・ギターのベストと、計三枚を持っていきます。

 

 

マイルズは1970年代電化ファンク時代のベスト。ミンガスは泥臭くブルージーにクッサく攻めているものを中心に。ブルーズ・ロック・ギターの一枚は以前このブログで書いたものとほぼ変わりません。三つ目にかんするくわしいことは、以下をご一読ください。

 

 

 

マイルズとミンガスのそれぞれ一枚は、いまだ書いていない新制作ものなので、曲目など以下に記しておきます。曲目だけでなく、付記したほうがいいかなと判断するデータはそうしてあります。そうですね、演者名は不要だから、曲名と、収録アルバムとその発表年(録音年は曖昧なばあいもあり)くらいでしょうか。内容の説明は今日はしません。

 

 

・チャールズ・ミンガス・ベスト

 

01. Ysabel's Table Dance (Tijuana Moods)1962

 

02. Better Git It In Your Soul (Mingus Ah Um) 1959

 

03. Cryin' Blues (Blues & Roots) 1960

 

04. E's Flat Ah's Flat Too (Blues & Roots)

 

05. Devil Woman (Oh Yeah) 1961

 

06. Ecclusiastics (Oh Yeah)

 

07. Hog Callin' Blues (Oh Yeah)

 

08. Oh Lord Don't Let Them Drop That Atomic Bomb On Me (Oh Yeah)

 

09. Invisible Lady (Oh Yeah)

 

10. Jelly Roll (Mingus Ah Um)

 

11. Flamingo (Tijuana Moods)

 

 

・マイルズ・デイヴィス電化ベスト

 

01. Sivad (Live-Evil) 1971 - edited by Toshima

 

02. Honky Tonk (Get Up With It) 1974

 

03. The Little Blue Frog [alt .take] (The Complete Bitches Brew Sessions) 1998

 

04. Johnny Bratton [take 4] (The Complete Jack Johnson Sessions) 2003

 

05. Archie Moore (The Complete Jack Johnson Sessions)

 

06. Sugar Ray (The Complete Jack Johnson Sessions)

 

07. Maiysha (Get Up With It)

 

08. Big Fun (1973 single A-side)

 

09. Holly-wuud (ibid B-side)

 

10. Minnie (The Complete On The Corner Sessions) 2007

 

 

ミンガス・ベストはすべて既発の公式音源を好みで並べただけ。マイルズ・ベストのほうは、1曲目の「シヴァッド」がぼくの手になる短縮編集作業を経たものなので、この世にこれでしか聴けません。それ以外はこっちも公式発売音源そのままです。

 

 

また、マイルズのほうで3、4、5、6、10曲目は、当時未発表で長年お蔵入りしていたもの。大部なボックス・セットではじめて日の目を見たものたちですが、なかなかどうして、おもしろいんじゃないでしょうか。8、9曲目はシングル盤で当時既発とはいえ、CD リイシューは2007年の『オン・ザ・コーナー』ボックスでが初でした。

 

 

あ、そうですね、ブルーズ・ロック・ギターの一枚も、いちおう曲目と演者名だけ記しておくことにしましょう。

 

 

・ブルーズ・ロック・ギター

 

01. Albert's Shuffle (2002 Remix Without Horns) - Mike Bloomfield, Al Kooper

 

02. Shake Your Moneymaker - Fleetwood Mac

 

03. I Ain't Superstitious - Jeff Beck

 

04. Have You Ever Loved A Woman - Derek & The Dominos

 

05. Merely A Blues In A - Frank Zappa

 

06. Cosmik Debris - Frank Zappa

 

07. I Can't Quit You Baby - Led Zeppelin

 

08. Stop Breaking Down - The Rolling Stones

 

09. The Sky Is Crying [Live] - Stevie Ray Vaughan

 

10. Red House - Jimi Hendrix

 

11. Purple House - Prince

 

12. The Ride - Prince

 

13. Matchbox - Paul McCartney

« ハバナのチャネー(ガリシア出身) | トップページ | 「どんな気分だい?」なんて言わないし 〜 マイ・フェイヴァリット・ディラン »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ハバナのチャネー(ガリシア出身) | トップページ | 「どんな気分だい?」なんて言わないし 〜 マイ・フェイヴァリット・ディラン »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ