« フォーキーなチャブーカ版ボサ・ノーヴァ or フィーリンの誕生? | トップページ | ロックからアラブ音楽に入門するならこれ 〜 ヤシーン »

2019/03/10

アンゴラの歌(と踊り)40年

2016年盤の17曲入り一枚もの CD『40 Anos A Cantar Angola』(Spotify のだと16曲)。よくわかってないんだけど、一種のサンプラー的アンソロジーってことなんだろうか?だいたいぜんぶセンバ?これを買ったエル・スールのホーム・ページにも CD パッケージにも、まったく曲目一覧しか記載がない。あ、いちおう選曲者がペラ紙の内側に書いてあった。Virgílio Correia さん。ぜんぜん知らないや。1975年のアンゴラ独立年に40を足すと2015年となるが、そういう意味なんだろうか?

聴いていると、たしかにアコーディオン(じゃなかったんだっけ?)が特徴的な、独立後の早い時期のセンバみたいなのが多いし(それがアルバムの主体かな)、そうかと思うと打ち込み主体かと聴こえるモダンなものもちょっとあり、いっぽうぼくでも知っている有名人パウロ・フローレスもいる。以前『メモリアズ・ジ・アフリカ』っていうボックス・セットのことを書いたでしょ。ポルトガル語圏アフリカの音楽アンソロジー。あれにアンゴラ篇があったけど、それの収録曲と似たような感じが『40 アノス・ア・カンタール・アンゴラ』でも出てくる。
『40 アノス・ア・カンタール・アンゴラ』、Spotify で聴ける全16曲アルバムに即して話を進めるけれど、聴いた感じ(ホントなにもわかっちゃいませんから)、1〜5曲目までがモダン・センバみたいに聴こえ、だからパウロ・フローレスを幕開けに置いているのはそういうシーンのトップ・ランナーとして、ということなのかもしれない。しかしぼく的にはここでグッと来るというわけじゃないアルバムだ。

6曲目の Carlos Burity「Monami Ya N'Gienda」がまるでアメリカのコンテンポラリー R&B みたいに聴こえるメロウ・バラードなんだけど、これはセンバじゃないよねえ。ぼくのなかでセンバとは激しく快活で躍動的なダンス・ミュージックのことになっている。それでも、この6曲目は国籍を感じない普遍的なブラック・ミュージックで、これはこれでかなりいい。ジャズ・フュージョンっぽくもある。

それが終わって7曲目から11曲目までの五曲が、ぼくにとっての『40 アノス・ア・カンタール・アンゴラ』のハイライト。いやあ、めっちゃくちゃいいじゃないですか!極上の楽しさだ。この五曲は、録音時期も音楽のスタイルとしても古い典型的なセンバなんだよねえ、たぶんさ。もはや時代遅れのオールド・スクールかもしれないが、2019年に聴いて楽しいったら楽しいな、という間違いない実感がある。ダンス・ミュージックは古くならないんだ。

マジほんとダンサブルで、実際、ぼくはこの五曲のセクションを聴きながら部屋のなかでは踊っているし、気分ウキウキの極上フィーリング。あっ、アコーディオン(?)は、このセクションでは7曲目だけか。ほかはエレキ・ギターが中心で、それにくわえ打楽器群という編成だね、聴いた感じ。くわえてリード・ヴォーカルとコーラス隊とのコール&レスポンス。う〜ん、わかりやすくて、グルーヴが明快で、とてもいい。

この五曲のセクションを聴いてからだが動かないひとは、たぶんアンゴラのセンバには縁がないということになってしまうかもしれない。いやいや、そんなことない、ここを聴いて指先一本動かない人間なんていないよ。このグルーヴには抗えないはず。じゃなかったら、大衆音楽のことをジッと座ってだけ聴くものだと思い込んでいるか、だ。

アルバム『40 アノス・ア・カンタール・アンゴラ』では、12曲目のゆったりナンバーをはさみ、13曲目以後ラストまで、やはり激しいダンス・ビートが並んでいる。冒頭の1〜5曲目もダンサブルなセンバだったし、結局このアルバムは歌というよりダンスなんだよね。アルバム題に 'Cantar' とはあるものの、踊って過ごす40年ってことかな。聴くぼくら日本人をも踊らせる強力なグルーヴがあるね。

« フォーキーなチャブーカ版ボサ・ノーヴァ or フィーリンの誕生? | トップページ | ロックからアラブ音楽に入門するならこれ 〜 ヤシーン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンゴラの歌(と踊り)40年:

« フォーキーなチャブーカ版ボサ・ノーヴァ or フィーリンの誕生? | トップページ | ロックからアラブ音楽に入門するならこれ 〜 ヤシーン »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ