« レジオナール・ナシオナールのことが気になってしょうがない | トップページ | ヨット・ジャズ名盤二枚 »

2019/08/30

岩佐美咲、3rd アルバム発売決定!

Wasamin

http://www.tkma.co.jp/enka_news_detail/iwasa.html?nid=12626

 

わさみんこと岩佐美咲の三枚目のアルバムが発売されると決定し、本日8月28日、徳間ジャパンより発表されました。

 

・11月6日(水)
・『美咲めぐり~第2章~』
・初回限定盤(CD+DVD)と通常盤(CD)の二種

 

収録曲は以下のとおり。

 

1)無人駅
2)鞆の浦慕情
3)鯖街道
4)佐渡の鬼太鼓
5)恋の終わり三軒茶屋
6)魂のルフラン
7)まちぶせ
8)雨
9)秋桜
10)千本桜
11)わたしの彼は左きき

(初回限定盤だけのボーナス・トラック)
12)もしも私が空に住んでいたら
13)初酒
14)ごめんね東京

 

というわけで、一般のみなさんは初回限定盤を買えばオッケーということのようです。わさ民ではないそんなみなさん向けに書いておきますと、1〜5曲目までは既発のシングル曲の再録です。さらに12〜14のボートラ分もシングル・ナンバーですが、これら三曲は未発表コンサート音源ということなので、聴いたことないはずのものです。期待大ですね。できうれば1〜5もそうしてほしかったのですけど、これはなにかと制限があるのだろうと想像できます。結局、計八曲のわさみんオリジナル・ナンバーはすべて収録されることとなりました。

 

ビックリは6〜11曲目のカヴァー・ソング・セクションですよね。なんと演歌楽曲がひとつもありません。すべて歌謡曲や J-POP 系のものですよね。しかも、なかにはみなさんあまり耳なじみのないものがふくまれているのではないでしょうか。つまり、6曲目の「魂のルフラン」と10「千本桜」がたぶんそうでしょう。

 

「魂のルフラン」は、アニメ映画『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』(1997)の主題歌だったもので、歌は高橋洋子さんが担当なさっていました。「千本桜」のほうにいたっては担当歌手が人ではありませんでしたよ。ヴォーカロイド、初音ミクに歌わせた楽曲ですもんね(2011)。これら二曲、特に「千本桜」のほうがどうなっているのか、人工音声合成ソフトがやった曲を人間界最高の歌手のひとりであるわさみんがやるとどう仕上がるのか、とても強い興味があります。

 

これら二曲以外は、7「まちぶせ」(三木聖子さん、だけど石川ひとみさんの歌と言うべきですね)、8「雨」(森高千里さん)、9「秋桜」(山口百恵さん)、11「わたしの彼は左きき」(麻丘めぐみさん)と、みなさんよくご存知の曲です。知名度の高い曲だけにかえってスタジオでプレッシャーがかかったかもしれませんが、いまのわさみんの実力なら難なくこなせたはずです。

 

いずれにせよ、通算三枚目のフル・アルバムになります。初回限定盤のほうには、ぼくたちわさ民がずっと待ち望んでいた初期楽曲の近年ライヴ・ヴァージョンが三つ収録されることもあり、いままでくりかえしておりますわさみんの最近の大きな成長を実感できる内容になるはずです。「もし空」とか「初酒」とか、ぼくもここ一年ほどライヴでどんどん聴いていますが、すばらしい内容なんです。それが CD に収録され発売されるんですから。

 

計六曲の新規カヴァー・ソングだってかなり見事な出来になっているだろうことは、ここ一年ほど現場でわさみんの歌うカヴァー曲をたくさん聴いてきたこの身この耳が保証します。どうかみなさん、わさみんこと岩佐美咲のニュー・アルバム、よろしくお願いします。さあ、どんなジャケットになるんでしょう?胸が高鳴りますねえ。

 

乞うご期待!

 

(written 2018.8.28)

« レジオナール・ナシオナールのことが気になってしょうがない | トップページ | ヨット・ジャズ名盤二枚 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レジオナール・ナシオナールのことが気になってしょうがない | トップページ | ヨット・ジャズ名盤二枚 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ