« 岩佐美咲、秋LOVEライブ 2019.11.23 私感 | トップページ | マイルズが休んで、新主流派ができあがる »

2019/11/28

わさみんと歌の距離感

Cb578d4a78f34296998bf54797e9365b

2019年11月21日に代々木上原のけやきホール(古賀政男音楽博物館)で開催された「ザ・令和ライブ」。わさみんこと岩佐美咲も出演するので出かけてきたんですけど、司会の湯浅明さんがわさみんのときにちょっとおもしろいことをおっしゃっていました。「津軽海峡・冬景色」を歌い終えてのトークの際、わさみんは歌の世界に入り込んで歌うのではなく、歌の世界を「風景画」として眺めるようにして歌っていますね、と湯浅さんは指摘なさったのです。

 

そのときは湯浅さんが「岩佐さんのなかでこの曲では世界に雪が積もっていますか、それともハラハラと舞い落ちている感じですか?」とお聞きになって、するとわさみんはかなりドギマギした感じになって、え〜っとえ〜っと…と言いながら前傾姿勢になってなにも答えられず、思わず客席から助け舟が出ましたから、あのとき、わさみんは要するになにも意識せず本能的に歌っているだけだとバレちゃいましたよね。

 

それはいいんですけど、そんな本能的歌唱法でやっているわさみんのばあい、湯浅さんのご指摘による、まるで風景画を眺めているように歌の世界をとらえて、それで歌っているのだというのは、わさみんと歌の世界の距離感を的確に表現したものだと思うんですね。歌の世界の中にすっぽりと没入せず、まるで外から眺めているような、そんな歌いかたをたしかにわさみんはしていますよね。

 

歌の世界に没入しないというのは、一見、よくないことのように思われるかもしれません。集中していないというか入り込んでいないのではないか、と考えられてしまうかもしれないですよね。でも、ぼくの考えでは逆なんです。歌の世界と一定の距離感、ちょうどいい適度な合間を取ってあったほうが歌の世界を聴き手にうまく伝達できると思うんです。

 

ずいぶん前にテレビ番組で知った八代亜紀さんのことばに「歌手は歌に感情を込めないほうがいい」というのがありまして、八代さんのご体験によれば若いころのキャバレー歌手時代に、歌に感情を込めずに歌ってみたらホステスさんたちがわんわん泣き出したということがあったそうです。それ以来八代さんは、歌の世界に入り込みすぎずスッとストレート&ナチュラルに歌うように心がけていらっしゃるんだそうですよ。

 

ぼくの言いたいことは、この八代亜紀さんのことばですべて表現されています。歌の世界に入り込み感情を強く込めて歌うと、たしかに歌はその歌手のものになります。しかしそのばあい表出されるのは歌の世界ではなくその歌手の世界じゃないかと思うんですね。その歌手のファンのみなさんにはそれでいいでしょうけど、ひろくみんなに訴えかけるという部分からはやや遠ざかってしまうかも。

 

前からくりかえしているように、わさみんの歌唱法はそういったやりかたとは逆ですよね。自覚的にしっかり熟慮の上練習を重ねて、選んで学びとったものというより(もちろんそれもあるんですよ、程度の問題です)、なにも考えず本能的にやっているだけかもしれないですけど、わさみんは歌手としての自分の色をなるべく消しています。強く個性的なところがないですよね(いい意味で)。

 

個性を強く打ち出すと、歌はその歌手のものになって、みんなのものにはならないんじゃないでしょうか。逆にまるで無色透明容器のようなものになって歌えば、楽曲の魅力をいっそうよりよく聴き手に伝えることができますよね。無色透明なら中身がよく見えますから。生得的、本能的であったとしても、わさみんはそういった方法を選んで実践しているんですよね。

 

ザ・令和ライブでの司会の湯浅さんがご指摘なさった「岩佐さんはまるで歌の世界を(他人事のように)絵を眺めながら歌っていますよね」というのは、まさに的を射ていらっしゃったと感心しちゃったというわけです。そう、わさみんのナチュラルでナイーヴで素直な発声と歌唱法はそういうことなんです。歌の世界に入り込まず、適切なちょうどいい距離感を保ちつつ、冷静にそれを歌って表現することができている、だからこそ聴き手には歌の世界がよりよく伝わって大きな感動につながっていく 〜 これがわさみんのやりかたなんですよね。

 

しかしそれを一貫して実践できるというのもまた得がたい個性なんじゃないかと思います。

 

(written 2019.11.27)

« 岩佐美咲、秋LOVEライブ 2019.11.23 私感 | トップページ | マイルズが休んで、新主流派ができあがる »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩佐美咲、秋LOVEライブ 2019.11.23 私感 | トップページ | マイルズが休んで、新主流派ができあがる »

フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ