« エピック・イン・ジャズ、最終回は『ザ・デュークス・メン』 | トップページ | ヒバ・タワジでクリスマス »

2019/12/23

どんどん増える YouTube サブスクライバー

5d50bb837f524223a3ea2d2aac8a4969

https://www.youtube.com/user/hisashitoshima/videos

 

なにも知らなくて、YouTube チャンネルのサブスクライバー(日本語でなんと言います?登録者?購読者?)が1000人を越したとき、今年の晩夏ごろでしたか、オフィシャルにお祝いのメッセージが届きました。そういうもんなんですね。現在約1100人程度ですけど、毎日のようにどんどん増えています。新しい登録者ができるとメールでお知らせしてくれるのでわかります。

 

ぼくが YouTube にアップしているのは、もちろん音楽(に関係するしゃべりなどもふくむ)だけですけど、いうまでもなくすべて権利者には無断でやっていることです。なかにはグレー・ゾーンにあるというか、たぶん許諾の必要はないと思えるものだってあるんですけど、たとえばかなり時期が古い音源などはですね、そのままみんなが使えると思うんです。でもそれら以外は法的にはヤバイわけですよ、ブートレグ音源以外は。

 

もっとも、YouTube にあがっている音楽の多くがそんな感じで、無関係の第三者が勝手にアップロードしているだけなんで、だから事実上無法地帯になっていますよね。そんなのをむかしから見てきて便利に利用してきたからなのか(未知音源を試聴できるのはありがたかった)、自分でこれは紹介したい、ぜひ!と思うものはファイルを作ってあげてしまうようになりました。

 

以前も書きましたが、著作権者に発見されクレームされたらもちろん強制削除となります。現在アカウントというかチャンネルの残りライフが一個となっていて、もう一回同じことがあるとこのアカウントは使えなくなるぞとオフィシャルから警告を受けているので、もうそれ以後はなにもアップしないようにしているんですね。そうなってからでもサブスクライバーは継続的に増えています。過去の遺産ということでしょうか。

 

なかには Spotify などで聴けない、フィジカルでも発売されていないというものだってぼくのチャンネルにはちょっとだけならあるんで、そういうのは値打ちあるんじゃないかと自負していますけれど、大半は CD 買うか Spotify などでさがせば聴けるものです、ぼくが YouTube にあげているものはですね。でも大部なボックスのなかの一曲だったりするんで買ってほしいとは言いにくく、ぜひ紹介したいという一心でやっていたことなんです。

 

ここ数年は日本でもストリーミング・サーヴィスが普及したので、そういった大きなボックスものでも一曲単位で聴きやすくなりました。だからもはやぼくのチャンネルの価値は減じているなと思うんですよ。それでもなぜサブスクライバーが増え続けるのかは、端的に言ってタダで聴けるということに尽きるのではないでしょうか。YouTube も広告を消したりできるプレミアム・プランは些少額ですけど有料ですが、ふつうは無料のままで無限に聴けます。

 

無限に聴くならひと月980円なりを払わないといけない Spotify などとはここが大きな違いですよね。月に980円くらい払ったらどうなのか?とぼくなんか思うんですけど、そんな少額でもお金のかかることは遠慮したいという向きが多いんでしょうね。そうかと思うと、YouTube で試聴してそれをきっかけに数千円の CD を買うというひともいるみたいですから不思議です。

 

とにかく、今後も増え続けるのかはわからないぼくの YouTube チャンネルのサブスクライバー数。インターネットなので世界各地のかたがたにご登録いただいているようです。あきらかな日本語名と思える登録者は現在一名だけ。なかにはどこの国のかたなのか名前では判断できないばあいもあって、いずれにしてもありがたいことです。好意的なコメントをいただけることがほとんどで、うれしいかぎりです。

 

(written 2019.12.10)

« エピック・イン・ジャズ、最終回は『ザ・デュークス・メン』 | トップページ | ヒバ・タワジでクリスマス »

その他の音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エピック・イン・ジャズ、最終回は『ザ・デュークス・メン』 | トップページ | ヒバ・タワジでクリスマス »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ