« 似ている三人 〜 アンナ・セットン、ルシアーナ・アラウージョ、ジャネット・エヴラ | トップページ | コノシエンド・ルシアの最新作が好き »

2020/01/15

聴き専とプレイヤーの違い

A2254fa6571743f1876fa2824eb4fd6e

思い出話です。

 

かつてネットのパソコン通信をやっていたころ(1995〜2000年代初頭)、ぼくは主に音楽リスナーズ・フォーラム(FROCKL)に生息していたんですけど、おもしろそうだからと思ってプレイヤーズ・フォーラム(FROCKP)にも登録してログを読んでいましたし、書き込みもしていました。プレイヤーといってもたぶんプロのかたはあまりいなかったんじゃないでしょうか(吾妻さんくらいかな、ぼくが認識していたのは、でも彼も専業ギターリストじゃない)。アマチュア・プレイヤーで、リスナーだけどどっちかというとみんなでわいわいセッションするのが好きっていう、そんな腕利き連中の巣窟でした。

 

歌ったり演奏したりせず聴くのだけ(聴き専)というひとも、実はリスナーズ・フォーラムにも少なくて、そっちにもっぱら所属している会員でも過去にバンド経験はあるというひとが多かったんですね。だからリスナーズ・フォーラム、プレイヤーズ・フォーラムといっても根本的な違いはなくて(そりゃそうだ)、比重をどっちに置いているかというだけの話でした。どっちでも活動しているひとはわりといたし、リスナーじゃないプレイヤーはいませんからね。

 

でもフォーラムの会議室での話題はかなり違っていました。リスナーズ・フォーラムでは、聴く際の参考になるようにと楽理や演奏技巧の話をしたりするばあいもなかにはありましたがそれはもちろん余興みたいなもんで、CD やレコードを聴いての感想や論議などがほとんどでした。プレイヤーズ・フォーラムでは楽器演奏や歌唱についてのもっと専門的・技巧的な話題が中心でしたからね。

 

いちばんここが違うなと感じたのはオフ会での様子です。リスナーズ・フォーラムのオフ会は、とにかくレコード・ショップをどんどんまわるんです。1995年にぼくはパソ通をはじめたので、CD 全盛期ですよね。なによりも CD を見ればテンションが上がる、三度の飯より CD が好きという連中の集団ですから、お店でも〜う大騒ぎなんですよ(笑)。何時間でも、そりゃ半日でも、レコード・ショップにい続けてまったく飽きないわけです。おわかりですよね。

 

そんで晩ごはんの時間くらいになってくるとさすがにレコード・ショップ街を離れて、飲み食いできる場所に移動しますが、話題はもっぱらその日の収穫物、つまりどんな CD やレコードを買ったかの報告とウンチクとツッコミみたいなことばかりです。お酒もあまり飲まず(だいたい下戸が多かった)、そりゃもう買った音盤の話でこれまた延々といつまでも、終電近くになるまで飽きもせず、ず〜っとおしゃべりを楽しんでいるんですね。

 

プレイヤーズ・フォーラムのオフ会では、まず集合時の風景がまったく違いました。ギターやベースなど楽器をみんな抱えているんですね。だから一瞥して、あっ、この集団だなとわかります。いちおうレコード・ショップまわりからはじめるんですけど、しばらくするとみんな飽きちゃって(これがぼくには信じがたかった)、お店を離れてお酒を飲めるお店に移動し、食べたり飲んだりをはじめちゃうんですね。

 

ぼくなんかもちろん聴き専の人間ですから、こんなおもしろい CD があるよとみんなに言いたい気分がずっと続いているんですけど、リスナーズ・フォーラムのオフ会ではそれで盛り上がっても、プレイヤーズ・フォーラムのオフ会ではそれが通用しないんですね。ふ〜んってな顔をしてあっちに行っちゃいます。酒飲みの比率が高いというのもプレイヤーズ・フォーラムの特色だったかもしれません。

 

そんなことでレコード・ショップからは早々に退散せざるをえなくなってしまい、日の高いうちから飲食となり、CD 関連でぼくは消化不良のままだったんですけど、日暮れて飲食を済ませるともちろんスタジオに移動してセッションとなります。リスナーズ・フォーラムのオフ会では音盤論議に花が咲くわけですけど、プレイヤーズ・フォーラムのオフ会ではセッションをやるのがメイン・イベント。

 

そうなるとメンバーの目の色が変わっちゃうんですね。俄然みんな輝きはじめます。パッと即興でその場でできるものということで、定型ブルーズのスタンダード・ナンバーなどがとりあげられるんですけれども、ただのジャム・セッションですから、一曲(というかモチーフというか)で延々とやっているんですね。ぼくはといえば歌う側になって、いろんなブルーズ・リリックを借りてきて即興でフレーズをつむいでいました。

 

聴き専フォーラムのメンバーでセッション・オフ会をやることもありましたが、例外的だったと思います。いっぽうプレイヤーズ・フォーラムのオフ会ではセッションは毎回必ずやっていたし、セッション・オンリーのオフ会も多かったんです。そっちで音盤論議みたいなことにはならなかったと記憶していますよ。ゴチャゴチャ言うならちょっとやってみようじゃないかというのが彼らのスタンスで、飲食の場での会話も「としまさんはギターとかやらないの?」とか、そんな感じのものが多かったですかねえ。

 

リスナーズ・フォーラムとプレイヤーズ・フォーラム、ふだんのオンラインでの会話風景も違っていましたが、でも根本的には同じ連中の集まりだなという印象がふだんはあったわけです。でも実際にオフ会などでしゃべったりしていると、なにかやはり質の違う集団なのだろうかと思うことも多かったんですね。

 

(written 2020.1.3)

« 似ている三人 〜 アンナ・セットン、ルシアーナ・アラウージョ、ジャネット・エヴラ | トップページ | コノシエンド・ルシアの最新作が好き »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 似ている三人 〜 アンナ・セットン、ルシアーナ・アラウージョ、ジャネット・エヴラ | トップページ | コノシエンド・ルシアの最新作が好き »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ