« ロバート・クレイの新作はゴスペル・アルバムかな | トップページ | 絶滅危惧種みたいなローリー・ブロックのブルーズ・ギター »

2020/06/27

プリンスとマイルズの共演、ついに公式発売へ

2f92a7ffcd0e4657a2c55eb71e0bf048

(10 min read)

 

https://twitter.com/prince/status/1276176365406965764
(スレッドでご覧ください)

 

プリンス・エステートとワーナーは、来る2020年9月25日に『サイン・オ・ザ・タイムズ』をリイシューするとアナウンスしましたが、そのうち CD 八枚組+DVD のスーパー・デラックス・エディションに、マイルズ・デイヴィスとの共演が二つ収録されることとなりました。これら天才二名の関係はひろく知られているところですが、共演音源が公式リリースされるのは初のことです。

 

プリンス・ファンでもあるぼくとしては、マイルズ関係なく、今回アナウンスされた『サイン・オ・ザ・タイムズ』スーパー・デラックス・エディションの内容がおおいに気になるところですが、きょうはマイルズ関係の話だけにします。発売されるのは、共演曲「キャン・アイ・プレイ・ウィズ U?」と、プリンス・バンド1987年12月31日のペイズリー・パークでのライヴ・ステージでマイルズが数分間共演しているもの。

 

「キャン・アイ・プレイ・ウィズ U?」は、プリンス・サイドが1985年12月26日に録音したもので、27日にエリック・リーズがサックスをオーヴァー・ダブしています。そのテープが翌86年1月にマイルズのもとに送られました。これはマイルズのワーナー移籍にともなってファースト・アルバムをプリンスとの共演作にしたいという意向を受けてのプロデュースの一環でした。

 

マイルズは86年の3月1日にトランペットをオーヴァー・ダビング。それを送り返し、プリンスがさらに音を重ねたりしてトラックを完成させた模様なんですが、予定されていたマイルズのアルバムには合わないということと、両者とも曲の出来に満足できなかったとのことで、「キャン・アイ・プレイ・ウィズ・ユー?」はお蔵入りとなりました。ワーナーでのマイルズのファースト・アルバムも予定を大幅に変更してマーカス・ミラーとの全面共演作となりましたね。

 

「キャン・アイ・プレイ・ウィズ U?」には何種類かミックスが存在しますので、今回『サイン・オ・ザ・タイムズ』スーパー・デラックス・エディションにどれが収録されるのかは、いまだ不明です。ロング・ヴァージョンだったらいいなと個人的には思うんですけどね。このプリンス&マイルズ共演曲はいままでもなんどか発売されそうになった機会があったんですがポシャってきたのは、たぶんプリンスの意向だったんでしょう。亡くなったので、発売できることになったんだと思います。

 

いちおうロング・ヴァージョンが聴けます↓これと同じものが発売されるんでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=BYbLvZGDB3U

 

なお、プリンスとマイルズのスタジオ共演曲は、「キャン・アイ・プレイ・ウィズ・ユー?」のほかにも、「ペネトレイション」「ジェイル・ベイト」「ア・ガール・アンド・ハー・パピー」とあって、いずれも未発表のまま(「ペネトレイション」だけはマイルズがライヴでやっていましたが)。今後の展開に期待したいですね。

 

次に、プリンス『サイン・オ・ザ・タイムズ』スーパー・デラックス・エディションの DVD に収録される、プリンス・バンド、ペイズリー・パークでの1987年12月31日のコンプリート・ライヴですが、一部にマイルズがちょっとだけ参加してトランペットを吹いている様子は、20年ほど以上も前からブートレグ DVD が出まわっていたようですし、ネットにも(たぶんそこから)上がっていたので、ぼくもなんどか視聴したことがあります。

 

たとえばこれ↓この YouTubeファイルは、この日のステージ中盤のシーラ E による「ドラム・ソロ」からはじまっていますね。
https://www.youtube.com/watch?v=c6pTSXMaOwo

 

マイルズが登場するのは、1:00:08 からはじまる「イッツ・ゴナ・ビー・ア・ビューティフル・ナイト」でのこと。曲が進んだ 1:05:21ごろに、パープルの(!)衣装を着たマイルズが登場、1:05:50 からバンドの演奏に乗せてオープン・ホーンで吹きはじめます。バンドは、マイルズも自身のバンドで借用した例の華麗なブレイク・リックもはさみながら演奏、マイルズは歩き回りながら自由にフレーズをつづっていますよね。1:09:00 過ぎまで吹き、最後はプリンスの "Mr. Miles Davis!" という紹介のことばに送られてステージ上手に消えていきます。

 

さてさて、そんな二者の共演を収録した9月25日発売のプリンス『サイン・オ・ザ・タイムズ』スーパー・デラックス・エディション。プリンス・オフィシャル・ストアでは159.98ドルという価格になっています(CD ヴァージョン)が、アマゾンあたりでどれくらいで売るんですかね。Spotify などストリーミングで聴けるようになることは公式アナウンスされているんで、だから CD 分についてはそれでいいんですけど、問題は DVD 分ですよねえ。マイルズがプリンス・バンドと共演する様子をちゃんと観たいし、それ以前にこのコンサートをフルに聴きたいでしょう。う〜ん。

 

以下、トラック・リストです。CD1と2は『サイン・オ・ザ・タイムズ』オリジナル・アルバムの2020リマスター。

 

<CD1>
Sign O' The Times
Play In The Sunshine
Housequake
The Ballad Of Dorothy Parker
It
Starfish And Coffee
Slow Love
Hot Thing
Forever In My Life

<CD2>
U Got The Look
If I Was Your Girlfriend
Strange Relationship
I Could Never Take The Place Of Your Man
The Cross
It's Gonna Be A Beautiful Night
Adore

<CD3 (Single Mixes & Edits)>
Sign O' The Times (Edit)
La, La, La, He, He, Hee (Edit)
La, La, La, He, He, Hee (Highly Explosive)
If I Was Your Girlfriend (Edit)
Shockadelica
Shockadelica (12" Long Version)
U Got the Look (Long Look)
Housequake (Edit)
Housequake (7 Minutes MoQuake)
I Could Never Take the Place of Your Man (Fade)
Hot Thing (Edit)
Hot Thing (Extended Remix)
Hot Thing (Dub Version)

<CD4 (Vault, Part 1)>
Teacher Teacher (1985 Version)
All My Dreams
Can I Play With U? (feat. Miles Davis)
Wonderful Day
Strange Relationship
Visions
The Ballad Of Dorothy Parker (With Horns)
Witness 4 The Prosecution (Version 1)
Power Fantastic (Live in Studio)
And That Says What?
Love And Sex
A Place In Heaven (Prince Vocal)
Colors
Crystal Ball (7" Mix)
Big Tall Wall (Version 1)
Nevaeh Ni Ecalp A
In A Large Room With No Light

<CD5 (Vault, Part 2)>
Train
It Ain't Over 'Til The Fat Lady Sings
Eggplant (Original Prince Vocal)
Everybody Want What They Don't Got
Blanche
Soul Psychodelicide (1986 Master)
The Ball
Adonis And Bathsheba
Forever In My Life (Early Vocal Run-Through)
Crucial (Alternate Lyrics)
The Cocoa Boys
When The Dawn Of The Morning Comes
Witness 4 The Prosecution (Version 2)
It Be's Like That Sometimes

<CD6 (Vault, Part 3)>
Emotional Pump
Rebirth Of The Flesh (Original Outro)
Cosmic Day
Walkin' In Glory
Wally
I Need A Man
Promise To Be True
Jealous Girl (Version 2)
There's Something I Like About Being Your Fool
Big Tall Wall (Version 2)
A Place In Heaven (Lisa Vocal)
Wonderful Day (12" Mix)
Strange Relationship (1987 Shep Pettibone Club Mix)

<CD7 (Live In Utrecht )>
Intro/Sign O' The Times
Play In The Sunshine
Little Red Corvette
Housequake
Girls & Boys
Slow Love
Take The "A" Train / Pacemaker / I Could Never Take The Place Of Your Man
Hot Thing
Four (Includes Sheila E. Drum Solo)
If I Was Your Girlfriend

<CD8 (Live In Utrecht, part 2)>
Let's Go Crazy
When Doves Cry
Purple Rain
1999
Forever In My Life
Kiss
The Cross
It's Gonna Be A Beautiful Night

<DVD (Live at Paisley Park, Minneapolis, MN, 12/31/1987)>
Sign O' The Times
Play In The Sunshine
Little Red Corvette
Erotic City
Housequake
Slow Love
Do Me, Baby
Adore
I Could Never Take The Place Of Your Man
What's Your Name Jam
Let's Pretend We're Married
Delirious
Jack U Off
Drum Solo
Twelve
Hot Thing
If I Was Your Girlfriend
Let's Go Crazy
When Doves Cry
Purple Rain
1999
U Got The Look
It's Gonna Be A Beautiful Night (feat. Miles Davis)

(written 2020.6.26)

« ロバート・クレイの新作はゴスペル・アルバムかな | トップページ | 絶滅危惧種みたいなローリー・ブロックのブルーズ・ギター »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロバート・クレイの新作はゴスペル・アルバムかな | トップページ | 絶滅危惧種みたいなローリー・ブロックのブルーズ・ギター »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ