« ヘイリー・タック(2)〜『ジャンク』 | トップページ | オニパではルンバが好き »

2020/07/18

初期ヘイリー・タックをひとまとめ

68902dced27649b7989ce5003da5a276

(4 min read)

 

https://open.spotify.com/playlist/2HLkLwvsZXJDzvi1RDntCZ?si=lvAcVhzzRy2gFQY1bgQJlw

 

きのう書いたアルバム『ジャンク』(2018)に至るまでにヘイリー・タックが発売していたシングルや EP などを一個にまとめてみたのが上のプレイリストです。もうすっかりお気に入りの歌手になっていますし、ヘイリーの歌と音楽性が好みにぴったり合致するんです。こういった初期ヘイリー・タックもかなりいいですよね。

 

アルバムで本格デビューする前の作品ですけれど、聴けば音楽性はすでに同じものがあって、しかも完成されています。カヴァー曲を中心にしながらいろんな過去の(ジャズとは関係ない)楽曲を幅広くとりあげ、それをレトロでヴィンテージなジャジー ・ポップスに仕立て上げているというわけですね。しかしそれでもアルバム・デビュー後にはほぼなくなってしまった傾向だって読みとれます。

 

それはジャズ歌手やジャズ演奏家もよくやるスタンード曲がそこそこ混じっているということ。「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」「ポルカドッツ&ムーンビームズ」「ソー・イン・ラヴ」「ウェン・イッツ・スリーピータイム・ダウン・サウス」「マイ・ハート・ビロングズ・トゥ・ダディ」がそうです。さらに(ジャズじゃないけど)「クロース・トゥ・ユー」(カーペンターズ)「ワッツ・ラヴ・ガット・トゥ・ドゥ・ウィズ・イット」(ティナ・ターナー)も有名曲で、スタンダード化していると言えるでしょう。

 

こういったスタンダード・ナンバーを歌うときのヘイリーは、しかし必ずしもジャジーなアレンジを施しているわけじゃないのかもしれません。「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」なんかにはジャジーな雰囲気が聴きとれないし(むしろロックっぽいポップさ)、「ポルカドッツ&ムーンビームズ」はジャジーというよりリズム&ブルーズ系のブルージーなムードが漂っています(特にこのエレピ)。

 

ところでこのヘイリー・タック・ヴァージョンの「ポルカドッツ&ムーンビームズ」がぼくはかなり好きなんですけど、いいですよねえ。上でも触れましたがエレピのやわらかいサウンドでブルージーな演奏をしているのにマジでグッときてしまいます。三連ノリのリズム&ブルーズふうのリズムもいいですよね。ドラマーはここでもブラシです。このエレピはほんとだれが弾いているんでしょう?ムーディなテナー・サックスもグッド。

 

「ソー・イン・ラヴ」なんかもジャズ系の音楽家がよくやりますが、これも強いビートを付しロックっぽい感じにアレンジしてあります。と思えばジャジーに聴こえる瞬間もあって、ヘイリーのヴォーカルはどの曲でも一貫してふんわりとドリーミーだからジャズ歌手っぽい響きをかもしだしてはいます。「ウェン・イッツ・スリーピータイム・ダウン・サウス」なんかは、いまや演奏するひともいなくなったニュー・オーリンズ・ジャズ・スタンダードで、ヘイリーはチェレスタ伴奏で歌っています。

 

エラ・フィッツジェラルドの歌でも知られている「マイ・ハート・ビロングズ・トゥ・ダディ」ではラテンな味付けが鮮明で、これもかなりいいですね。レトロなヴィンテージ・ジャズふうのサウンドはほぼなし。ドラマーががちゃがちゃとにぎやかなラテン・リズムを叩き入れているのがこの曲の最大の特徴で、ピアノはじめほかの楽器もそれにあわせてリズミカルに演奏して、ラテンなムードをもりあげています。ちょっぴりタンゴっぽいかもですかね。

 

おととい、きのうと書いてきたことも踏まえると、どうもヘイリー・タックはジャズとは関係ないような、ジャズのフィールドにはなかったような、そんな曲をとりあげるときはヴィンテージ・ジャズふうに料理して、ジャズ歌手もたくさん歌ってきているような曲だとジャジーなアレンジを施さないという、そういった傾向があるのかもしれないですね。スタンダードですけど「クロース・トゥ・ユー」「ワッツ・ラヴ・ガット・トゥ・ドゥ・ウィズ・イット」ではジャズ・ナンバーふうに料理してありますからね。

 

(written 2020.5.24)

 

« ヘイリー・タック(2)〜『ジャンク』 | トップページ | オニパではルンバが好き »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんぱんは。

プレイリストありがたいです😀
わたしも萩原健太さんのブログで知りました。

今のところ"Junk"がお気に入りでCD注文しました。キャット・エドモンスンも好きです!
ドリーミーなヴィンテージjazz!

二人のアーティストの存在が嬉しいです。

先日のライオネルハンプトンのプレイリストも良かったです👍👍
CDリイシューして欲しいです!!


今後もブログ楽しみしてます。

ライオネル・ハンプトンの記事は反応があまりなくて、やっぱりこういった戦前ジャズはもう人気ないのかなあ〜って思っちゃいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘイリー・タック(2)〜『ジャンク』 | トップページ | オニパではルンバが好き »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ