« 定額制ストリーミング配信で好きな音楽だけ聴くようになるかどうかは、ひとそれぞれ | トップページ | 脱力系ジャジー・フレンチー 〜 トマ・デュトロン »

2020/10/03

わさみん運営はもっとしっかりしてほしい

36d7e5aadd5b499d872c191b9951090a A75933ef2f2e4afd83c6987d112248ee

@wasaminnn
@nagaragroup
@TOKUMA_ENKA

 

(7 min read)

 

と、おだやかな感じのタイトルをつけましたが、内心はこんなもんじゃないです。はらわた煮えくりかえっているというに近いですね。わさみんこと岩佐美咲についての長良グループと徳間ジャパンのスタッフさんたちはいったいなにを考えているのか!?と思っちゃいますよね。ぼく以外にも憤慨を表明しているファンが複数名いますよね。言わないだけで、不満を抱くファンが水面下には大勢いるはず。

 

思えばコロナ禍でじゅうぶんなふだんどおりの活動ができなくなって半年以上。客入れしての対面イベントやコンサートはできないんだから、ネットで同種のものをやるしかないでしょうというのは三月からぼくもずっと言い続けているにもかかわらず、みんながうるさく言ってようやく実現したのが8月14日の配信ライヴだけ。ほんとうにこの一個だけですよね。まさかこれで終わり?

 

ほかの歌手のみなさん(のスタッフさん)は複数回のライヴ配信をやり、CDを売るネット・サイン会もどんどんやっていますが、わさみん陣営はまったく音無しの構え。売る気がないんでしょうか?わさみんが歌手として活動を続けていけなくなってもかまわないんだとの考えをお持ちなんでしょうか?なにもしなかったらそのまま尻すぼみになって存在も消えちゃうだけだと思うんですけどね。

 

ひとつにはわさみんはAKB48出身の元アイドル演歌歌手なので、その時代からの熱心なファン(いわゆるオタク)がたくさんついていて、そのひとたちはなにがあっても決してわさみんから離れない、なにがあってもなにもなくても、CDや物販などを買わなくなる、応援しなくなるなんてことはないんだと、必ずみんな買うと、長良&徳間サイドからは甘く見られている、はっきりいって舐められている、ということもあると思います。

 

たしかにぼくもふくめ熱心なファンはいつもわさみんの歌を聴いていて、わさみんのことを忘れるだとか離れるだとかいうことはありえないけれど、運営サイドがそれにあぐらをかいてのんびりしているようじゃダメじゃないですか。わささみんもプロ歌手だから喉や腹筋が衰えないようにコロナ禍でも日々訓練を怠っていないとは思いますが(そうしなかったらそもそも歌手は声すら出なくなる)、ヴァーチャルでもファンに向けて人前で歌う機会がないままでは、歌手としての現場感(勘)が損なわれてしまいます。

 

しかもですよ、今年の新曲「右手と左手のブルース」特別盤の発売が、もう目の前なんです(10月21日)。三週間を切っていますよ。ところがこれに向けてもなんの動きも見られないんですね。新しいCDを発売するとなれば、前々から準備をしてPRに努め、ネット予約イベントをやったり配信ライヴで新曲やカップリング曲を歌ったりして(させて)宣伝しなくちゃダメじゃないですか。ところが長良&徳間はいっさいなにもしていないんですね、現時点では。兆候すらありません。

 

こんなことでいいのでしょうか?こんなことで特別盤が売れるとでも考えているのでしょうか?どうせ買うのはわさみんオタクのみんなだけで、そのひとらはなにも販促活動なんかしなくたって黙っていても買うんだからと思っている?もしそうだとしたらファンのことを舐めすぎじゃないですか。

 

正直言ってわさみん運営にかんする長良と徳間に対する不平不満を並べ立てていたらキリがないほど、ぼくらは鬱憤がたまりにたまっているんですよね。昨年秋ごろからわさみん陣営の仕事ぶりが停滞するようになりましたが、今年二月末ごろからのコロナ・ショックで、そのていたらくぶりがあまりにもひどくなりました。こんなことじゃ熱心なファンにもあきれられますよ。ほんとうに長良と徳間のわさみん陣営はなにもしないんだから。

 

こんなことじゃダメです!以下に要望点をまとめました。

 

(1)SHOWROOMさえやらせときゃいいだろうという甘い考えを捨て、毎週末に開催されていた歌唱イベントに相当するような、ネット歌唱配信を定期的にやってほしい。一ヶ月に一回のペースで一回約30分程度でもいいです。その際のチケットはCD売り上げを充てるようにしてほしい。

 

(2)それと並行して(どっちかだけじゃなくて並行して)週一のSHOWROOMでカラオケ配信するのを復活させてほしい。わさみんは歌手なんですよ、歌手に歌わせようとしない事務所ってなんやねん!

 

(3)三ヶ月に一回か半年に一回程度は、一時間半程度のコンサート相当のものを有料ネット配信ライヴでやってほしい。それをやるからといって前後のSHOWROOMのカラオケを禁止しないでほしい。歌手に歌を禁止する長良グループの担当者は正気の沙汰とは思えません。

 

(4)特別盤発売が迫っていますので、その売り上げにつながるようなネット・イベント(たとえば予約サイン会とか)を、それも一回や二回じゃなく、どんどん開催してほしい。実際、わさみん以外の歌手のみなさんはそうしているのに、どうしてわさみんサイドだけ動きがないの??

 

(5)物販を長良本舗でちゃんとしてほしい。氷川きよしさんと水森かおりさんはもう特製マスクと2021年カレンダーを売りはじめていますよ。わさみん陣営も遅れをとってはなりません。

 

とにかく、なにしろわさみんは歌手なんですから、それを前面に押し出さないといけませんよね。歌手は歌ってこそナンボ。歌わない、歌わせないなんて、本来ありえないことです。そのありえないことが実現してしまっているというのが現状ですからね。おかしいぞ、長良&徳間!ちゃんと仕事しろ!できないなら人員を交代させてほしいぞ!!

 

そのほか、わさみん陣営のおかしいところをあげていくとキリがありませんので、きょうはこのへんにしといたろ〜。

 

(written 2020.10.2)

 

@wasaminnn
@nagaragroup
@TOKUMA_ENKA

 

« 定額制ストリーミング配信で好きな音楽だけ聴くようになるかどうかは、ひとそれぞれ | トップページ | 脱力系ジャジー・フレンチー 〜 トマ・デュトロン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 定額制ストリーミング配信で好きな音楽だけ聴くようになるかどうかは、ひとそれぞれ | トップページ | 脱力系ジャジー・フレンチー 〜 トマ・デュトロン »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ