« 配信全盛時代にコンセプト・アルバムはどうなるか | トップページ | ファヤ・テスのオールド・ルンバ路線シリーズは、宝の山なのか »

2021/06/14

なめらかでまろやかなルンバ・コンゴレーズ 〜 ファヤ・テス

4589605035625

(2 min read)

 

Faya Tess / Sublime Faya

https://open.spotify.com/album/4zcK7FRAlwChSR0BWeSvdY?si=ZzyTDOpoS1KmouSYD2SLgg

 

コンゴの歌手ファヤ・テス、2020年の新作『Sublime Faya』がなんとなく気になって、わりとよく聴いているんで、ちょこっとだけ感想を書いておきましょうね。このアルバムも、往年のルンバ・コンゴレーズのサウンドをそのまま再現したものです。

 

ファヤはタブー・レイ・ロシュローのアフリサやフランコといったコンゴ音楽のビッグ・ネームとも関わってきた存在で、例の『Au Temps des Classics』シリーズをずっと何作もリリースし続けてきていますよね。

 

それらと同様に、『Sublime Faya』もベテラン・ギタリストのニボマがプロデュースを担当。またアフリサで活躍したカエン・マドカもギター・ソロで参加していますし、ほとんどの作曲を担当しているのは、ニボマの最新作『Kanta Nyboma』でもコラボしているシピ・ウマンデ。

 

というわけでファヤのこれも往年のルンバ・コンゴレーズそのまんまの味わいで、そのへんが好きなファンならかなり楽しめるはず。個人的には(フランコっぽいような)エレキ・ギター弾きがもっとどんどん前面に出てくれたほうが好みですけど、ファヤのこれではホーン陣が中心になってサウンドの色彩感を担っていると思います。

 

ファヤのヴォーカルもベテランらしい芳醇でふくよかな味わいで、肩に力が入らない自然体での歌がルンバ・コンゴレーズのまろやかさをいっそうきわだたせています。伴奏といい歌といい、どこといって変わるところのない音楽ですけど、こういったなめらかでまろやかなルンバ・コンゴレーズをSpotifyでいつでも楽しめるのはうれしいことなんです。

 

(written 2021.3.2)

« 配信全盛時代にコンセプト・アルバムはどうなるか | トップページ | ファヤ・テスのオールド・ルンバ路線シリーズは、宝の山なのか »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 配信全盛時代にコンセプト・アルバムはどうなるか | トップページ | ファヤ・テスのオールド・ルンバ路線シリーズは、宝の山なのか »

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ