« ボビー・ティモンズ『ディス・ヒア・イズ』をちょこっと | トップページ | ハード・バップからヒップ・ホップまでひとまたぎ 〜 マカヤ・マクレイヴン »

2021/11/21

トラック・メイクとビート感がいい、イロム・ヴィンス『Amewunga』

R1478781015816094707007jpeg

(2 min read)

 

Elom 20ce / Amewuga
https://open.spotify.com/album/5H5V4CQ450rX6mdGgRk4o3?si=QuxAXoGcRni410xI1l049w&dl_branch=1

 

bunboniさんのブログで知りました。
https://bunboni58.blog.ss-blog.jp/2021-02-13

 

いいジャケットですよね。それだけで聴きたくなる、トーゴ人ラッパー、イロム・ヴィンス(Elom 20ce)の新作アルバム『Amewuga』(2020)、なかなか聴ける内容です。前から言っていますように、ラップそのものはイマイチ好みじゃないぼくなんですが、バックのトラック・メイクやビート感は大好きなんです。

 

そう、この『Amewunga』でもイロムのラップはさほど聴いていなくて、もっぱら伴奏というかトラックを聴いているんです。すると、これ、たいへん心地いいですよね。アフリカ由来のサウンド、アフリカニズムがしっかりと刻印されたこのトラック・メイクが大の好みです。

 

曲ごとに工夫が凝らされているのも好感度大。親指ピアノをサンプリングして散りばめながら効果的に使ったり、コラとバラフォンを後景に置いて子どもと会話したり、フリーキーなサックス・ソロをフィーチャーしたりなどなど、随所に精巧なつくりが聴かれます。演説が挿入されているものもあり。

 

全体的にやや重たいムードが支配しているこのアルバム、しかしハイライトといえる13曲目「Agbe Fabi」でだけはパッと明るい陽光が差し込むかのよう。ビート感もヒップ・ホップ的ではなく、管楽器隊もフィーチャーされたこれは、トーゴリーズ・ファンクの往年の名シンガー、ロジャー・ダマウザンをフィーチャーしたダンス・バンド・ハイライフ。最高です。

 

(written 2021.7.24)

« ボビー・ティモンズ『ディス・ヒア・イズ』をちょこっと | トップページ | ハード・バップからヒップ・ホップまでひとまたぎ 〜 マカヤ・マクレイヴン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボビー・ティモンズ『ディス・ヒア・イズ』をちょこっと | トップページ | ハード・バップからヒップ・ホップまでひとまたぎ 〜 マカヤ・マクレイヴン »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ