« 『リスペクト』もまたBLM映画だった | トップページ | ストーリーテラーとして深みを増したロッド・スチュワート »

2021/11/18

ソウルフルなサックスが印象的 〜 ネイト・スミス『キンフォーク2』

1008332647

(3 min read)

 

Nate Smith / Kinfolk 2: See The Birds
https://open.spotify.com/album/6zAtsNWsJZb7yutJ6u6Cjb?si=Ji3mhQ0xSyqCcKUfeR3K4A

 

ジャズ・ドラマー、ネイト・スミスの最新作『キンフォーク2:シー・ザ・バーズ』(2021)。9月17日リリースでしたが、もたもたしているうちにもういろんなレヴューも出揃って、愛読しているAstralブログもbunboniブログもとりあげたんで、ぼくは書かなくていいなと思い、愛聴すれど放ったらかしでした。

 

でもちょっと気を取りなおし、やっぱり個人的な感想だけ短め&簡単にメモしておこうという気になりました。ちゃんとした文章を読みたいというかたはぜひ以下をどうぞ↓
(Astralさん)https://astral-clave.blog.ss-blog.jp/2021-09-21
(bunboniさん)https://bunboni58.blog.ss-blog.jp/2021-10-31

 

個人的に強く印象に残ったのはバンドのサックス奏者、ジャリール・ショウ(Jaleel Shaw)です。初耳でしたが、パッショネイトで最高ですね。コカイがラップする2曲目の変拍子ファンク「スクエア・ウィール」後半でのもりあがりかたなんて、もう言うことなしのすばらしさ。

 

背後でのネイトのドラミングも手数が多くて、爆発的で、それもたまらなく大好き。アルバム中そういうのが数曲ありますが、実に細かく熱く叩き刻みながら、まさにコンテンポラリー・ジャズの新感覚ビートを体現しているなと思えて、快感です。いっぽうノリの深いドラミングを聴かせる曲もあります。

 

それで、2「スクエア・ウィール」の終わりから次の3曲目「バンド・ルーム・フリースタイル」の導入部へと一続きになっていますが、その部分のサックスを中心とするバンドの決め、ほんとうに気持ちいい。しかも、このアルバムで次に好きな8曲目「ランボー:ザ・ヴィジランティ」(ヴァーノン・リードをフィーチャー)の予告になっていますよね。同じ決めのパターンを使っていますから。

 

この8曲目もネイトの超速ドラミングが味わえます。そして、ヴァーノン・リードのギターもさることながら、ぼくはやはりジャリールのソウルフルなサックス・プレイに心地よさをおぼえています。フレーズを饒舌に吹きまくる部分もありながら、同時にビートの上に大きくゆったりも乗っていますよね。

 

ジャリールのソウルフルなサックスは、アルバム・ラスト、ブリタニー・ハワードが歌う「フライ(フォー・マイク)」でも味わえます。ゴスペルもほのかに香るブルージーなR&Bナンバーですが、テイスティーなブリタニーのヴォーカルに続きギター・ソロが出て、次いでジャリールのほんとうに短いサックス・ソロ。短すぎるんでソロとも言えないくらいですが、ソウルフルで味わい深いです。

 

~~~
Nate Smith / drums, keyboards, percussion
Brad Allen Williams / guitar
Fima Ephron / bass
Jaleel Shaw /saxophone
Jon Cowherd / piano, Rhodes, Hammond B-3 organ

Featuring:
Amma Whatt / vocals on “I Burn For You”
Brittany Howard / vocals on “Fly (for Mike)”
Joel Ross / vibraphone on “Altitude” and “See The Birds”
Kokayi / vocals on “Square Wheel” and “Band Room Freestyle”
Michael Mayo / vocals on “Square Wheel”, “Altitude” and “See The Birds”
Regina Carter / violin on “Collision”
Stokley / vocals on “Don’t Let Me Get Away”
Vernon Reid / guitar on “Rambo: The Vigilante”
~~~

 

(written 2021.11.14)

« 『リスペクト』もまたBLM映画だった | トップページ | ストーリーテラーとして深みを増したロッド・スチュワート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『リスペクト』もまたBLM映画だった | トップページ | ストーリーテラーとして深みを増したロッド・スチュワート »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ