« 坂本昌之アレンジの極意を、由紀さおり「ウナ・セラ・ディ東京」に聴く | トップページ | 泣きのショーロ新作 〜 ダニーロ・ブリート »

2022/02/05

天才、坂本昌之アレンジの特徴

B863df5dc98a4aac944788db88510da5

(50 sec read)

 

マイ・フェイバリット坂本昌之Works
https://open.spotify.com/playlist/2c7q477YpSoGMKP69kE5W8?si=5af08e9387cf4cdb

 

・ひたすらおだやか
・淡く薄味
・シルクのような肌心地
・細かな部分まで神経の行きとどいたデリカシー
・必然最小数の音だけ、ムダのない痩身サウンド

・アクースティック生演奏のオーガニック・サウンド
・自身の弾くピアノが軸
・リズム・セクション中心で、管弦は控えめ
・ほんのりラテン・シンコペイションを軽く効かせ
・フルート・アンサンブルの多用
・その他木管を使い、ブラスはほぼなし
・エレベとコントラバスを適宜使い分け

・オリジナルよりカヴァーで生きる
・1960〜80年代のいわゆる昭和歌謡への眼差し

・原田知世をプロデュースするときの伊藤ゴローとの共通性

 

(written 2022.1.24)

« 坂本昌之アレンジの極意を、由紀さおり「ウナ・セラ・ディ東京」に聴く | トップページ | 泣きのショーロ新作 〜 ダニーロ・ブリート »

演歌歌謡曲、日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂本昌之アレンジの極意を、由紀さおり「ウナ・セラ・ディ東京」に聴く | トップページ | 泣きのショーロ新作 〜 ダニーロ・ブリート »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ