« 東欧音楽と中東音楽との接点をさぐる 〜 ハルヴァ | トップページ | いちばんダメだったあのころのぼくを、モー娘。の「LOVEマシーン」とやぐっちゃんが救っていた »

2022/05/16

ブルージーでまろやかなマロヤ・ジャズ 〜 メディ・ジェルヴィル

61icc6g9sdl_ss500_

(2 min read)

 

Meddy Gerville / Mon Maloya
https://open.spotify.com/album/5vRYlaMj80AKlSkSlwpLL7?si=rKkkVKavRKCwtuK6weRD9Q

 

2017年の『Tropical Rain』が傑作で(一部で)注目を浴びたレユニオンのジャズ・ピアニスト、メディ・ジェルヴィルですが、その後新作『Mon Maloya』(2020)が出ていることに気づきました。これ、どうしてだれもとりあげないんでしょうか。ぼくが見つけたあと、書いたのはAstralさんだけじゃないですか?
https://astral-clave.blog.ss-blog.jp/2022-02-17

 

あ、さがしたら一年以上前にMúsica Terraでピック・アップされていました。
https://musica-terra.com/2021/02/19/meddy-gerville-mon-maloya/

 

多彩で派手なゲスト参加が特徴だった『トロピカル・レイン』に比べると、今作はたしかにやや地味です。基本ピアノ・トリオ編成での演奏ばかりというにひとしいし、どの曲も演奏は落ち着いたフィーリングのもの。

 

メディのピアノをじっくり聴かせる内容で、しかもなかなか目立つのはブルージーなタッチです。ブルーズ・リックの多用というかペンタトニック・スケールにもとづいたフレイジングを多発していて、ぼく好み。

 

なかにははっきり「ブルーズ」と銘打った曲(5)もあったりして、これはもちろんそうですが、それ以外の曲でもフレイジングのはしばしにブルーズっぽさが聴きとれます。前からハード・バップ・ピアニストっぽいスタイルのメディではありますが、今作ではブルーズをことさら意識したかも?という運指。

 

アクースティック・ピアノ以外の鍵盤楽器をあまり使っておらず、生楽器演奏のテクスチャーにこだわったサウンド・メイクになっているのもいいし(ベースもコントラバス多用)、例の複合三連のマロヤ・ビートはしっかり健在、カヤンブの音も随所で聴こえます。ジャケットではやはり前作同様それを手にしていますね。

 

(written 2022.3.22)

« 東欧音楽と中東音楽との接点をさぐる 〜 ハルヴァ | トップページ | いちばんダメだったあのころのぼくを、モー娘。の「LOVEマシーン」とやぐっちゃんが救っていた »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東欧音楽と中東音楽との接点をさぐる 〜 ハルヴァ | トップページ | いちばんダメだったあのころのぼくを、モー娘。の「LOVEマシーン」とやぐっちゃんが救っていた »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ