« ブリティッシュ・インヴェイジョン再燃 〜 ビートルズ、ストーンズ | トップページ | しんどいとき助けになる音楽(50)〜 ビリー・ジョエル『52nd Street』 »

2023/11/26

カリビアンなクリスマス 〜 チャーリー・ハロラン

Screenshot-20231111-at-121441

(2 min read)

 

Charlie Halloran & the Tropicales / Presents for Everyone!

https://open.spotify.com/album/67naZE4UVz9zvqYgZJeXmz?si=hmwTX59aTFOi4WfsxPU3iw

 

今年のクリスマスはこれで書こうと思っていたチャーリー・ハロラン&ザ・トロピカルズのアルバム『Presents for Everyone!』(2023)。ところがその後ノラ・ジョーンズ&レイヴェイという夢の共演によるクリスマス・シングルが出て、あ、こっちでいこうかなとなりました。

 

とはいえチャーリー・ハロランのほうもかなりいいのでスルーするわけにもいかず、これはこれで書いておこうと思います。この音楽家のことは以前bunboniさんが紹介していましたね。ニュー・オーリンズのバンドで、オールド・タイム・カリビアンをやっています。

 

『Presents for Everyone!』はクリスマス向けの季節商品ですが、これまたカリプソ、ビギンといったカリビアン・ミュージックで仕立て上げられていて、とっても楽しいですよ。

 

スタンダードなクリスマス・キャロルはやっていないんですけれど、そこここに楽器演奏でそれが引用されながら、全体的にはバンド・メンバーが曲を書いているんでしょうか、すべて今作のためのオリジナルと思います。

 

インスト・ナンバーも一個あり。それ以外の曲でだれが歌っているのか情報がありませんが、女声も部分的に聴こえます。演奏は楽器インプロ・ソロたっぷりでジャジーでもあり、かつカリビアン・テイストを濃厚にただよわせながら、ひたすら楽しくワイワイやっています。

 

(written 2023.11.17)

« ブリティッシュ・インヴェイジョン再燃 〜 ビートルズ、ストーンズ | トップページ | しんどいとき助けになる音楽(50)〜 ビリー・ジョエル『52nd Street』 »

ニュー・オーリンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブリティッシュ・インヴェイジョン再燃 〜 ビートルズ、ストーンズ | トップページ | しんどいとき助けになる音楽(50)〜 ビリー・ジョエル『52nd Street』 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ