« フランス語でシャンソンを歌ってもいつもとかわらない 〜 ジャネット・エヴラ | トップページ | しんどいとき助けになる音楽(44)〜 ビートルズ「イーシャー・デモ」 »

2023/11/12

マイルズ入門にまずこの四枚 ver.2023

7d4a34036db242a2a366dfb5e24197e1

(2 min read)

 

Relaxin’ (1958)

https://open.spotify.com/album/0dyIXPKoUBt1vFJHX57dqt?si=RFSEa7wZSOCjBjBABlzINg

Miles Ahead (57)

https://open.spotify.com/album/4ZhmiWgc0KsRjV5samK6wG?si=HUgHGUzMSZmmHPcz6ell8A

Someday My Prince Will Come (61)

https://open.spotify.com/album/4Khts8jtPr6XbQP10q80Hw?si=TojEv_WWSx-yr54rRa44rA

Miles Smiles (67)

https://open.spotify.com/album/7buEUXT132AA4FPswvh9tV?si=4bxeQMkdQQaV3-dqt87DJQ

 

アクセス解析をながめていると、マイルズ・デイヴィス入門にまずなにを聴いたらいいのか?という情報をやっぱり求められているみたい。それも手っ取り早くこれだ!っていう一枚とか二枚とか、とりあえずのマジの入り口を。

 

だからよくある10枚20枚とかのリストじゃダメで、そんなたくさんのアルバム数は入門に向きません。とりあえずパッと聴いてもらえなかったら意味ないので。四枚にしぼりました。いったんは三作にまでしたんですが、それだと画像をタイルできません。

 

1969年以後の電化マイルズは省略。なぜならレトロもふくめ2020年代的なコンテンポラリー・ジャズなどにはアクースティック生演奏回帰という方向性が鮮明に打ち出されていますからね。

 

その上でなにを選ぶか?も現代ジャズの傾向から勘案しました。リラクシングな室内楽コンボ、ラージ・アンサンブル、レトロでイージーなくつろぎムード、いまどき先進ジャズにつながる新主流派。

 

どれからでもいいので、サブスクでもフィジカルでもいい、まずは聴いてもらえたらと思います。くわしい解説やマイルズの世界を本格的に掘り込むなどはそのあとの話。

 

(written 2023.11.11)

« フランス語でシャンソンを歌ってもいつもとかわらない 〜 ジャネット・エヴラ | トップページ | しんどいとき助けになる音楽(44)〜 ビートルズ「イーシャー・デモ」 »

マイルズ・デイヴィス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フランス語でシャンソンを歌ってもいつもとかわらない 〜 ジャネット・エヴラ | トップページ | しんどいとき助けになる音楽(44)〜 ビートルズ「イーシャー・デモ」 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ