« しんどいとき助けになる音楽(40)〜 ヤマンドゥ・コスタ&グート・ヴィルチ | トップページ | シモン・ムリエ最新作『Inception』がほぼ名作 »

2023/11/02

レイヴェイの官能 〜 新曲「A Night to Remember」

Beabadoobeeanighttoremembersingleartwork

(2 min read)

 

beabadoobee, Laufey / A Night to Remember

https://open.spotify.com/album/73wBVA41AulgjGiL3rBwfe?si=vK7a6bveT0GrJCGKEgBJwA

 

レイヴェイ関係で以前も言いましたけど、新曲一つ出るたびに話題にしていたらキリないですよね。でもホント、今度の「A Night to Remember」(2023)はとってもチャーミングで、大好きなんです。キリがないけど書いておきたい、それほどレイヴェイが心底好きだというファン心理もまた、わかっていただけるものじゃないかと。

 

「A Night to Remember」はロンドンの歌手、ビーバドゥービー(ってだれ?)とのデュオで、じっさい二人の声が聴こえます。ビーバドゥービーの若くて細く高音寄りのかわいいさえずり声と比べたら、レイヴェイはより丸く太く中低音寄りのスモーキーな声質なんで、聴き分けは容易。

 

曲も二名の共作となっています。それがまたこれほどいい曲があるのだろうかと思うほど魅力的。軽いボッサ・ポップスなんですけど、曲題でも推察できるようにアダルトなセクシーさがただよっていて、いやぁいいなあ。

 

その官能は、ちょうどリオン・ラッセルが書きカレン・カーペンターが歌った「ディス・マスカレード」「スーパースター」あたりを想起させるもの。特に前者ですね、リズムのスタイルといい曲調といい、これを真似して書かれた新曲じゃないのか?と思えるほどソックリ。

 

こういうセクシーな曲が大好きなんですよね。ビーバドゥービーのほうはともかく、レイヴェイの低くたなびく暗めのアダルト・アルト・ヴォイスはセクシー&ムーディな曲想にとてもよく似合っています。

 

(written 2023.10.23)

« しんどいとき助けになる音楽(40)〜 ヤマンドゥ・コスタ&グート・ヴィルチ | トップページ | シモン・ムリエ最新作『Inception』がほぼ名作 »

レイヴェイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しんどいとき助けになる音楽(40)〜 ヤマンドゥ・コスタ&グート・ヴィルチ | トップページ | シモン・ムリエ最新作『Inception』がほぼ名作 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ