« しんどいとき助けになる音楽(62)〜 演歌スタンダーズ | トップページ | レトロというよりルーツ・リスペクト »

2023/12/28

ベスト・アルバム 2023

0fbd065978db4f0b9bcdee4fefb6a518

(2 min read)

 

My Best Songs 2023

https://open.spotify.com/playlist/2x0WiShL9KgF5KtuNJXKqd?si=bb4f588533e14451

 

旧作やリイシューでも、よく聴いたものは選ぶことにしました。こんな愛聴しているのに過去作というだけで入れられないなんて理不尽ですし、一年の音楽ライフを反映しないセレクションになってしまいますから。

 

1 LioLan / Unbox(日本)

J-POP最先鋭といえる二人組ユニット。作編曲と演奏力の高さが目立つ。

 

2 Simon Moullier / Inception(US)

ハード・バップの伝統を受け継ぎながら新時代のシャープなスタイルで。

 

3 Donald Fagen / The Nightfly Live(US、2021)

『ザ・ナイトフライ』をそのままライヴ再現しただけなのに、妙に心地いい。

 

4 江玲 / Hong Kong Presents Off-Beat-Cha-Cha(香港、1960)

アジアン・ラテン。コミカルな味もあるのが楽しい。

 

5 中村海斗 / Blaque Dawn(日本、2022)

Z世代最強ドラマーのデビュー作。バンド・メンバーも新世代のあざやかさ。

 

6 渡辺貞夫 / meets 新日本フィルハーモニー交響楽団(日本)

こっちは超ベテランの充実作。哀切バラードは特にいい。

 

7 Dudu Tassa, Jonny Greenwood / Jarak Qaribak(イスラエル、UK)

アラブ各地に散らばる歌を集めて現代的に再現したもの。

 

8 Emma Smith / Snowboud(UK、2022)

ビートの効いたグルーヴ・チューンが聴きごたえ満点。バンドの演奏もすばらしい。

 

9 Ruby Pan潘子爵 / 沒問題少女(台湾)

1980年代的フュージョンをコンテンポラリーに演奏したもの。かなり快感で大の好み。

 

(written 2023.12.10)

« しんどいとき助けになる音楽(62)〜 演歌スタンダーズ | トップページ | レトロというよりルーツ・リスペクト »

べスト・セレクション企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しんどいとき助けになる音楽(62)〜 演歌スタンダーズ | トップページ | レトロというよりルーツ・リスペクト »

フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ