« しんどいとき助けになる音楽(54)〜 ブルーズ・ロック・ギターをちょっと | トップページ | コンテンポラリー・フュージョン 〜 ルビー・パン »

2023/12/06

しんどいとき助けになる音楽(55)〜 ルー・ドナルドスン

Alligator_bogaloo

(2 min read)

 

Lou Donaldson / Alligator Bogaloo

https://open.spotify.com/album/4XBcW9JiDXOxXb9sfI1CiX?si=7LoY-q1FSrerpToNWpF_tQ

 

ルー・ドナルドスンの『アリゲイター・ブーガルー』(1967)は “Boogaloo” じゃなくて “Bogaloo” なんですね。たったいま気づいたような気がします。長年勘違いしていたかも。どっちのつづりもあるってことなんでしょうか。

 

ともあれ、このアルバムは大好物。やっぱり幕開けのタイトル・ナンバーですよね。カッコいい。特にこのリズム。まさしくブーガルーとのことばにピッタリで、ルーってビ・バップ時代から活動しているミュージシャンなんですけど、ちゃんと時代に対応しています。

 

1960年代後半のジャズ・シーン in the USA って、こうしたジャズ・ロックっぽいものとか、ソウル、ファンクなどと合体し、新しい時代の音楽を生み出そうとする動きが顕著でした。

 

本作もそうした流れのなかにある傑作。オルガン・トリオを伴奏に据えるという点からしてもソウル・ジャズ的ですし、ラテンなファンキー・フィールも濃厚で、またレア・グルーヴ的な聴きかたもできるっていう。

 

リー・モーガンなんかも同じようなことを60年代にやっていたし、主にブルー・ノート・レコーズを舞台にラテンなブーガルー・ジャズ、ソウル・ジャズ的な動きがはっきりありました。

 

そういうのって、いままた復権しつつあるっていうか、ふたたびよく聴かれるようになってきているし、流れとして現在のクロス・ジャンルなコンテンポラリー・ジャズの祖先だという考えかたもできると思います。

 

(written 2023.11.19)

« しんどいとき助けになる音楽(54)〜 ブルーズ・ロック・ギターをちょっと | トップページ | コンテンポラリー・フュージョン 〜 ルビー・パン »

しんどいとき助けになる音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しんどいとき助けになる音楽(54)〜 ブルーズ・ロック・ギターをちょっと | トップページ | コンテンポラリー・フュージョン 〜 ルビー・パン »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ