« しんどいときに聴く音楽(75)〜 Us3 | トップページ | 小出斉さんが亡くなった »

2024/02/01

ブームというより時代 〜 ジェイレン・ンゴンダ

Screenshot-20231202-at-155816

(3 min read)

 

Jalen Ngonda / Come Around and Love Me

https://open.spotify.com/album/0E2PgtXRUHCslZ7gRselUq?si=gHIG3kKVS9i6d4DylR6o2g

 

萩原健太さんのブログで知りました。

https://kenta45rpm.com/2023/09/12/come-around-and-love-me-jalen-ngonda/

 

レトロ・ソウルの新星、ジェイレン・ンゴンダ。US生まれだけど現在はUKで活動しているらしいです。そのファースト・アルバム『Come Around and Love Me』(2023)が出ました。これがいい感じのニュー・ソウル・リスペクトぶりを発揮していて、ぼく好み。あくまで個人的な好みだってことです。

 

聴けばそのレトロぶりはだれにでもわかる鮮明さで、まるで1970年代ふう。マーヴィン・ゲイかカーティス・メイフィールドかっていう没頭ぶりで、いいですねえ。フィリー・ソウル味もあり。

 

こどものころから父親のレコード・コレクション(往年のジャズ、ソウルなど)を聴いて育ったがため、自然とそういう音楽が好きになり、自分でもやってみたいと思うようになったのだとか。けっこう多いですね、こういうケース。

 

レトロだとかルーツ・リスペクトだとかで1970年前後ふうな音楽を指向する若年世代が急増している背景には、そうした文化というか家庭環境みたいなものがおおきく影響しているのでしょう。ジェイレンの父親というとちょうどぼくくらいの世代になるでしょうし。

 

本作も黄金のソウル・サウンドを満載。リズム・セクションを中心とした伴奏陣に、+適所にストリングス、コーラス、サックス、ヴァイブラフォン、グロッケンなど往年のポップ・ソウルには欠かせないアイテムを巧みに配しています。

 

一聴、女性歌手なのか?と聴き間違うかもっていうくらいなジェレインのハイ・トーン・ヴォイスは、ときおりファルセットもまじえながら、ニュー・ソウル・ムーヴメントが盛り上がっていた70年代前半の高揚感を思い出させてくれます。

 

じじいキラーな音楽ではありますが、あんがいこういうのが近年の20代のあいだでは受けているみたいですよね。もう間違いなく明確なトレンド。ブームっていうより時代なんでしょう。

 

(written 2023.12.6)

« しんどいときに聴く音楽(75)〜 Us3 | トップページ | 小出斉さんが亡くなった »

リズム&ブルーズ、ソウル、ファンク、R&Bなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しんどいときに聴く音楽(75)〜 Us3 | トップページ | 小出斉さんが亡くなった »

フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ