« なかなか上質のジャズ・アルバム 〜 松田聖子『Seiko Jazz 3』 | トップページ | しんどいときの音楽〔82)〜 カーメン・マクレエ »

2024/02/26

サウダージあふるる 〜 ルイ・バラタ、パウロ・アンドレ曲集

Screenshot-20240121-at-141501

(2 min read)

 

v.a. / A Música de Paulo André e Ruy Barata

https://open.spotify.com/album/21EcBp7epRIkGdlmPN1nJL?si=Vc5SQttSRzqrW2JiKLFefw

 

ブラジルはバラ州出身の作詞作曲家、ルイ・バラタの生誕100周年を記念して制作・リリースされたアルバムが『A Música de Paulo André e Ruy Barata』(2023)。ルイ・バラタとその子でシンガー・ソングライターのパウロ・アンドレ・バラタの曲を収録しています。

 

カヴァーしているのはほとんどがぼくの知らない歌手ですが、それでもマリア・リタ、ゼカ・パコジーニョ、レイラ・ピニェイロ、ジョイス・モレーノ、モニカ・サウマーゾといった有名どころもまじっています。それら以外は初めて聴く歌手たちですが、とってもいいですね。

 

いいっていうのはつまり曲がもとからいいということでしょう、このアルバムのばあいは。ブラジルの哀愁感を意味するサウダージに満ちたものが多く、なかには明るい曲もありますが、アルバムを一貫するトーンはあくまでサウダージ。

 

ほんとうにサウダージあふるるアルバムで、ときどきグッと強く胸をつかまれるものがあります。ルイ・バラタの名前もはじめて見たんですが、つまり今回はじめて聴いた曲なんですがぜんぶ、でも前からよく知っているぞという不思議なデジャブがありますよ。

 

(written 2024.1.26)

« なかなか上質のジャズ・アルバム 〜 松田聖子『Seiko Jazz 3』 | トップページ | しんどいときの音楽〔82)〜 カーメン・マクレエ »

ブラジル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なかなか上質のジャズ・アルバム 〜 松田聖子『Seiko Jazz 3』 | トップページ | しんどいときの音楽〔82)〜 カーメン・マクレエ »

フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ