« しんどいときの音楽(77)〜 江玲 | トップページ | ときに熱く 〜 スー・ユーハン »

2024/02/11

ちょっと遠くから聴こえてくる 〜 ウィルソン・バチスタ

Screenshot-20231230-at-121334

(2 min read)

 

Wilson Baptista / Eu Sou Assim

https://open.spotify.com/album/7tgFLbdVELwvQ0mjtYeqDd?si=WKS6RQNBQaKj0VkmFhSSHg

 

ウィルソン・バチスタ(ブラジル)のアルバム『Eu Sou Assim』(2023)のことはみんながいいぞと言っていますよね。ぼくも好きで去年からくりかえし聴いてきました。

 

バチスタはとっくに故人なので、ヴォーカルは過去音源から抜き出し、それに現代の腕利き演奏家たちによる伴奏をつけたといった具合。バチスタの時代にマルチ・トラック録音はないので、声だけ抜き出すのはたいへんだったでしょう。

 

ビートルズも最後の新曲「Now and Then」を制作するにあたりジョンの声を抜き出すために、AIによるデミックス技術を使いましたが、ひょっとしたら今回のバチスタのアルバムでも同様のAIデミックスを使ったかもしれませんよね。それでもって過去音源からヴォーカルだけ抽出したかも。

 

それと現代の演奏を混ぜるっていう、なんかちょっとふだんなら敬遠しちゃいそうな企画なんですが、聴いてみたらこれが成功しています。ちょっと遠くから聴こえてくるようなバチスタのヴォーカルにはえもいわれぬ孤独と哀愁がただよっていて、とってもいい味。

 

さらに現代の演奏家たちによる伴奏がジャジーに洗練されているというのも個人的には大好きなポイント。ほんとうにおしゃれなんですよね。特にディスク2で目立つように思います。

 

ヴォーカルもバチスタだけでなく多くのゲスト・シンガーを迎え、ソングライターだったバチスタの曲を歌わせているのもグッド。バチスタの声との対比も一つのポイントです。

 

(written 2024.1.3)

« しんどいときの音楽(77)〜 江玲 | トップページ | ときに熱く 〜 スー・ユーハン »

ブラジル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しんどいときの音楽(77)〜 江玲 | トップページ | ときに熱く 〜 スー・ユーハン »

フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ